10歳のじぶんナビ

「10歳のじぶんナビ」とは?

小学生の自己表現力をサポートするプロジェクトです。表現や体験の機会を提供し、等身大の「自分らしい言葉」を引き出します。

どんなプログラムがあるの?

表現力を育む「空色ことばプログラム」と、体験を言葉にする「ボールキッズプログラム」の2つのカテゴリで提供しています。

空色ことばプログラム

表現のサポート

言語化&アウトプット

【プログラム一覧】
・じぶんじてん
・空色ことば作文
・にじペン絵日記
・キッズ説明力
・キッズインタビュア
・キッズプレゼン力

ボールキッズプログラム

体験のサポート

言葉にしたくなる挑戦

【プログラム一覧】
・キャッチコピー&名刺を作ろう
・ことばで人間プログラミング
・リメイクことわざ
・役者トレーニング
・手遊びに挑戦 *
・わくわく文房具 *

*印は、海外継承校向け
「にほんごさんぽ」プログラム

どこで実施できるの?

国内の小学校や学童施設、海外の日本語補習校や継承校、その他、子どもたちが集う場所で実施しています。現地出張・オンライン、どちらも可能です。

申し込み方法は?

学校や施設など、団体単位でお申し込みを受け付けています。下記のページへ必要事項をご入力ください。なお、お申し込みは、実施希望日の2ヶ月前を目安にご検討ください。

よくある質問

Q:実施費用を教えてください。
A:無償です。ボランティア事業として、プロジェクトに賛同してくださった《マナビエール団》の企業様や団体様からの寄付金で運営しています。

Q:クラス単位の申し込みも可能ですか?
A:可能です。学年単位、クラス単位、など、団体の申し込みであれば問題ありません。お申し込みの際は参加人数をお知らせください。

Q:10歳以外でも参加できますか?
A:小学生のどの学年でも実施可能です。特に、小学3~4年生は、ことばの表現を引き出すことに最適な時期です。

Q:プログラムの時間を教えてください。
A:プログラムによって異なりますが、1コマ45分間が目安です。

Q:ナビゲーターとしてどんな人が進行するのですか?
A:私たちマナビエルのメンバーを中心に構成しています。ナビゲーターは全員、子どもとの関わり方や言葉の引き出し方に関する研修を受けています。

Q:土曜授業として実施することは可能ですか?
A:可能です。平日の通常授業だけでなく、土曜授業や夏休みの実施も承っています。

Q:現地で開催する場合、事前や実施後に準備するものなどはありますか?
A:特にありませんが、実施後にアンケートのご協力をお願いします。

Q:海外から申し込みをしたいのですが、時差は問題ありませんか?
A:可能な限りご希望に応じていますので、お気軽にご相談ください。

Q:オンラインでの実施は、どのような形式ですか?
A:zoomで実施します。講義スタイルではなく、子どもたちに問いかけをしながら進行するため、基本的には、参加者1人1台ずつ端末をご用意ください。

Q:毎月お願いすることはできますか?
A:広く多くの子どもたちに届ける事業のため、年度内に1プログラム実施を基本にご理解ください。もし定期開催をご希望の場合は、別途プログラム(有償)をご用意していますのでご相談ください。